英語初級突破の道!【①イントロ】

LANGUAGE

みなさんこんにちは、ぴかそです。

今回は、英語学習を始めたばかりの人がどのように学んでいけばいいか、ぼくが勉強してきた方法や教材を紹介しつつ皆さんにシェアしたいとお思います。

先に断っておきますが、ぼくは英語のプロではありません。

しかし、過去に外資系のフォワーダーや商社で貿易の仕事に携わる関係で英語は日常的に使用していましたし、現在でも英語と日々格闘中です。

この記事は英語が苦手な方や、改めて勉強しようとしている方の参考になればと思います。

各スキルの具体的な勉強方法は別の記事に書きますので、今回は英語学習をするにあたって知っておいてほしいことついて書きますので是非チェックしてみてください。

 

1.なんで勉強したいの?

この記事を読んでいるあなたはなぜ英語を勉強したいのですか?

学校のテストや資格試験の為、外国人の友だちを作りたいから、海外の情報を収集したい、字幕なしで映画を観たい等様々あるかと思います。

ちなみに僕が英語を勉強する理由は、今あげた全てでした。笑

ぼく個人的には英語はすべての人に必須ではなく必要だと感じる人、英語が好きな人だけ勉強すればよいと思います。そもそも興味もないことに時間や労力を割くことは苦痛でしかないし絶対続かないからです。

モチベーション維持のためにも何か目標などがあると、勉強が継続しやすくなると思います。

2.学習法がわかっても英語はできるようにならない

学生の頃のぼくは英語学習法マニアでした。

有名な予備校講師や独学で英語をマスターされた方、自分の学習方法をブログで発信されている方等英語学習法について片っ端から読んでました。

彼らの成長記録や、英語学習との向き合い方は読んでいてモチベーションになったし、自分もいつかこの人たちのような英語の達人になるんだと意気込んでいたのです。

ただ結局のところ学習本を読むのは好きでしたが、怠け者のぼくはたくさん読んだ学習法を一切実践せず、モチベーションは高いが英語力は全く上がっていない状況に陥りました。笑

英語に限った話じゃないですが、勉強法の本は実践しないと何の意味もないので、それに時間を取られるくらいなら1つでも多くの単語を覚えましょう。

おすすめの英語学習本やブログについてはまた改めて紹介できればと思います。

3.モチベーションを保つ方法

英語学習は目に見えて成果がわかるものではないので、モチベーションを維持するのが非常に難しいです。ぼくも三日坊主どころか一日の勉強すら集中できないこともあります。

ここでは僕が実践しているモチベーション維持の方法をいくつか紹介します。

①映画を観る

ぼくは元々映画が大好きで、学生時代は毎日のようにTSUTAYAに通ってましたし今ではAmazon Primeにお世話になってます。

勉強が捗らない日や、なんかやる気が出ないなんて時はのんびり好きな映画を観てます。ただせっかく観るのなら勉強になるようにもしたいので、英語音声・英語字幕にしてみたり敢えて字幕を無しにして観たりしています。

久しぶりに観返すと、聞き取れなかった表現が聞こえるようになったり英語力の成長を感じることでモチベーションアップになります。

最近では映画だけでなく、YoutubeやTED Talkなども同様に観るようにして、生の英語に触れるようにしています。

②自分の英語を録音する

これは好きな小説の一説や、映画のセリフ等なんでもいいので自分の好きな文章を音読します。その際にスマホの録音機能などを使い自分の音読音声を保存しておいてください。

数カ月後に全く同じ文章の音読を再度録音し聞き比べます。

しっかりと勉強を継続していれば、最初録音した音声よりスムーズに音読できていることや、発音が向上していることがわかります。

全然ダメダメだった時の音読を聞くのもそれはそれで面白いのでお勧めです。

③実際に英語を使う

これはなんでもいいからとにかくインプットした内容をアウトプットしてみようということです。

Twitter等のSNSで英語でつぶやいてみたり、実際に外国人と話してみたり、チャットしてみたりです。最近はLanguage Exchange(言語交換)のアプリもたくさんあるのでどこに住んでいても海外の人とつながる方法はいくらでもあると思います。

実際に使うことで自分に足りないスキルが明確になったり、もっともっと英語ができるようになりたいという気持ちも生まれます。

④英語ができる自分を妄想する

ヤバい話をするわけじゃないです。笑

これは、英語がペラペラになった自分を想像していただきたいということです!

外国人と流ちょうに会話を楽しむ自分の姿を強く想像するのです!

ぼくはハリウッド女優との会話をいつも楽しんでますよ。笑

⑤TOEICを受験する

最後は英語学習者にとっては最も親しみのある試験であるTOEICです。

TOEICの一番良いところは試験結果が合否ではなく点数で出るところだと思います。

合否の出る試験より子持ち的に受けやすいですし、初級者から上級者まで自分の目標点数を決めて受けれるのが良いと思います。

昔、友人が「TOEICの点数が高いだけで英語が話せなければ意味がないと」と言われたことがりますが、ぼくの考えではTOEICの点数が高いから英語が流ちょうなわけではないが英語が流ちょうな人は皆TOEICで高得点取れるので安心して受験してください。

4.結局は継続が大事

最後は継続の話です。

英語学習に関して「〇〇カ月でペラペラ」みたいな宣伝は昔からよくあるのですが、残念ながらそれで本当にペラペラになった人に出会ったことがないので、語学習得には時間がかかるものと割り切ってコツコツ勉強していきましょう。

よく「中高6年間英語の授業を受けているのに英語が喋れるようにならない」という人がいますが、ぼくにとってそれは「小中高と算数、数学を習ってきたのに数学者になれない」とか、「体育の授業や部活でサッカーを頑張ってきたのにサッカー選手になれない」と言っていることと同じように感じます。要は圧倒的に勉強時間が足りていないのです。

授業や部活ではもちろん、そこからさらに時間を割いて独学でも頑張り続けられた人が一流になれるのだと思います。皆さん学校や仕事で忙しいとは思いますが、勉強も頑張っていきましょう!(自戒の念を込めて)

5.まとめ

長くなりましたが、以上がぼくの英語学習に対する考え方や大事にしていることです。

これらはぼくの経験からの感想や実践している事なのですべてが正しいことではありません。特にモチベーション維持の方法は自分に合った方法を見つけて英語学習とうまく付き合っていってください。

次回以降の記事では初級突破の為に具体的にどのような勉強をしてきた書いていきたいと思います。

それでは、一緒に英語学習頑張っていきましょう。

じゃあ、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました